• トップ /
  • 矯正歯科で顎関節症の治療を
バックナンバー

矯正歯科で各主症状を診察

矯正歯科で顎関節症の治療を

矯正歯科で検査と治療が可能

顎関節症とは、口を開ける時にカクカク音が鳴ったり、口が開かなくなる症状のことです。原因は様々ですが、歯並びや咬み合わせの悪さが原因の場合、矯正歯科で安定した咬み合わせに整えることで症状の改善が見込めます。顎関節症で引き起こされる症状は顎の関節が鳴る音に加え、肩こりや腰痛、咬み合わせの違和感、顎の関節部に痛みを感じることもあります。食事の際に片方の歯を使用したり、頬杖をついたりうつぶせ寝の癖がある人などに現れやすいのが特徴です。矯正歯科はその名の通り、歯を正しい位置に矯正することを専門とし、見た目だけでなく歯の機能を回復させ虫歯や歯周病の予防にも役立ちます。顎関節症は咬み合わせが悪い人が必ずになる症状というわけではなく、咬み合わせが悪くても顎関節症になっていない人もいますし、綺麗な歯並びでも症状が現れている人もいます。咬み合わせの良し悪しは顎関節症を引き起こす要因の一つに過ぎないので、本人の生活習慣や歯の状態によって治療方法が変わります。矯正歯科は歯の矯正だけでなく、口腔内や歯科疾患に対する検査や治療を行っている場合も多く、咬み合わせが原因がわからない場合でも、診療を受けることで適切な治療方法がわかります。

↑PAGE TOP